世の中には、学歴社会はこれからもずっと続くと思っている人・高学歴であれば将来の不安など一切ないと考えている人・学歴なんて実際に働く上では関係ないと思っている人など、実にさまざまなな考えの人が存在しています。
現代は、学歴さえあればそれだけで認められるという時代ではなくなってきています。これを逆に考えれば、大学を中退しても決して悲観的になる必要はないということです。確かに、今でも高学の人材しか採用しない社長や企業は存在しています。また、大卒が最低限の条件になっていることも少なくありません。しかし、中には学歴などの価値観にこだわることをやめ、高度な専門スキルと人間性を重視している企業もたくさんあるのです。
ペーパーテストの成績が良く優秀であることと仕事ができるというのは、まったく別の能力といえます。高学歴を率先して優遇する理由には、もしかすると見栄もあるのかもしれません。学歴を最重要視する企業があったとして、その企業の考え方や方針に惹かれるのであれば話は別ですが、そうでないのであれば特に大学を中退したことを嘆く必要はどこにもないのです。
新たに専門スキルを磨き、プロフェッショナルを目指すのもいいでしょう。正規雇用にこだわらないのであれば、やりがいと精神的な幸福を優先して就職先を選択する手段もあります。大学を出ているからといって、必ずしも将来が約束されるわけではありません。そのため、スキルや実力で生き抜くことのほうが大切です。