ジャンルを問わず新人を募るとき、多くの企業が書類選考の中に学歴を記載する欄を設けています。学歴なんて関係ない・自分の才能だけで食べていけるという人は、ごく少数です。自分の人生と学歴を切り離して考えられない人、そしてそう考えざるを得ない人は、まだ数多く存在しています。
昔に比べて、大学へ進む人は圧倒的に多くなりました。そして、それを受け入れる私立も増加したのです。男女問わず、大卒が学歴として珍しくない時代といえます。それどころか、未だに大卒が当たり前という風潮が漂っている部分があるのも事実です。
一方、経済的理由で大学に行けないどころか、高校を中退せざるを得ない人もたくさんいます。経緯はともかく、大学中退という学歴を聞くと第3者にとって決して印象がいいとはいえません。しかし、どのような理由にせよ、たとえ自分の意志としてそれを選択したとしても、学歴が自分を社会的に優位に形成する一つとして大きく左右する世の中だということは、当然胸の内にはあるはずです。将来への不安や、学費を出してくれていた親への申し訳なさが募るのも、辛い現実といえます。
なぜ辞めなければならなかったのか過去を振り返ることも大切ですが、中退した今、それ以上にそこからの未来を考えていきましょう。自分には何が出来るのかをよく考えることです。資格をとるもの方法といえます。社会的に必要とされている資格は、持っていて損はありません。また、大学を中退しても、お金と学力があれば入り直せるのです。
過ぎてしまったことも、長い目で見れば人生の過程と思えるよう、前向きにいきましょう。